芋掘り

芋掘り

こんにちは♪スマイルボンズのナビゲーターのエリちゃんこと大友恵理子です!

秋もだんだん深まってきましたね!どこからともなく金木犀の香りがしていたのは一体いつの事だったか‥(*≧∪≦) 一気に寒くなり、焦って冬物のコートやセーターを出した私です!💦

さて私の住んでいる福島では、田んぼがあちこちに広がっていて、この季節は稲が黄金色になります。離れて見ると、一面金色に✨キラキラと光ります!✨
「あぁ今年も金色になった〜❣️」
「きれーい(*≧∪≦) !」
💕感動です💕

春に植えた稲が、夏の暑さに負けず、台風や大雨に負けず、グングン伸びて、青々しくたくましさも感じる程大きく伸び‥収穫の時には黄金色に!✨✨

そして、お米の粒が大きくなって、重たくなると倒れるんです…知っていましたか??

お米が成長してひと粒ひと粒が重くなって、稲全体が倒れる。それも大体皆一斉に‥初めてその倒れた稲を見た時、無知な私は何と!!!「昨日風強かったっけ?!」💦と母に聞いたのでした(*≧∪≦) 笑

稲の成長過程をその後に知りまして‥汗💦とても驚き‼️
「うそーっ!すごっ(*≧∪≦) !」と絶叫したのを思い出します‥💦笑

福島に住むことになってからこんな驚きのエピソードは山ほどあります!
どれもこれも自然の成せる技に感動してしまう都会育ちの私の反応に対して‥「え?普通ですけど(*≧∪≦) 笑」と、福島の友人たちは笑いますが‥

当たり前のように見せてくれる自然の姿‥本当は素晴らしくて、とても奇跡的なこと‥そう感じます✨

先日園の子ども達と芋掘りに行きました。

子ども達は必死になって土をホジホジ‥ホジホジ‥やっと手にしたお芋は自分の顔より大きくて💕笑
「やったー!出てきたぁ(*≧∪≦) !」

一生懸命に!そして、ひたすらに!土を掘る子どもの気持ち(*≧∪≦)
 「どんな思いなのかなぁ。」と見ていて芋を手にした顔を見ると達成感!!!(∩´∀`)∩

バンザ──イ満面の笑み✨✨

「そうだわ!達成感!✌️」
お芋掘りはこんな気持ちを子どもたちに味わせてくれる💕

「お芋がこんなに沢山育ってくれたからだわ」✨
お芋ちゃんたちに心から感謝(*≧∪≦) 👍

芋掘りをしたり餅つきをしたり‥稲や作物の収穫の時を迎えるこの時期にはキリスト教の園で『収穫感謝礼拝』をします。

この『収穫感謝礼拝』には👍子どもたちへメッセージがあります💕↓
⭐️豊かな実りを喜び、神様に感謝する
⭐️私たちの命は、野菜や果物、そして生き物の命をもらってつないでいることを知る
⭐️私たちの衣食住の生活は、色々な人の働きによって支えられていることを知る

「稲やお芋が大きく育ったのも‥みんな神様が大きくしてくれたんだね!」
「野菜も果物も神様がみんな造ってくださったんだね!」
「命ってすごいね〜!みんな!ぜーんぶ命なんだね!」
そんな風に話します✨

「神様から与えていただいた命なんだ‥」
日頃は忙しくて忘れてしまいがちですが‥この収穫の時期にはあらためて思い出すことができます✨

そして気持ちがふっと楽になって「肩の力を抜いてみよう」「いーよいーよ!大丈夫だ!」と思えてきます✨

子育ても仕事も家庭のこともぜーんぶっ!
肩の力を抜いて😊✨
「今日も、ピカピカの命を輝かせて✨♫」

◇ナビゲーター◇
大友恵理子(えりちゃん)
一般社団法人DNAタイプ別カウンセリング普及協会 福島白河担当
東京都出身 
福島県在住1974年生まれ47歳二児の母(長男23歳、次男19歳)
認定子ども園・現役主任保育教諭(幼稚園教諭、保育士、子育て支援士)

◇プロフィール◇
東京都内某私立幼稚園に入り、5年後、結婚・出産で退職。その後アパレルや美容の現場に携わり、女性の肌と心と体の繋がりと、生き方やメンタルの重要性を実感する。33歳で離婚をきっかけに自立するため知人の誘いで福島県へ移住し、保育の道へ戻る。新規立ち上げの園で主任として現場の職員の指導・育成、保護者支援を担当して14年。2015年よりプライベートで子育てサークルを運営。ママたちの活躍する場を作るイベント企画や、自宅サロンにて子育て相談や美容のアドバイスを行う。2019年にDNA心理学と出会い、遺伝子による自分の特性を知り、使命を知ることの重要性について実感し、子育てにも役立ててもらうべく普及活動を行っている。