Hiromi Kanekura

金蔵浩美
web クリエーター

Think global, Act local

大きな視点を持って、行動は小さく。ついつい目の前のことでいっぱいいっぱいになってしまう時に、心掛けている言葉です。

法人名株式会社AiZ
活動地域福島県
仕事内容・web制作、デザイン
・イベント企画
・DNA心理学アドバイザー

DNA×仕事 ~DNAを仕事で生かす~

① 昔は自分ができないところにばかり目がいってしまっていましたが、自分の良さを受け入れ、得意とするところを伸ばそうという意識になりました。

②自分が苦手なところは、相手にお願いすることに申し訳なさがなくなり、「自分がやらないと」という気持ちがいい意味でなくなりました。

③良いところを意識して高めていった結果、人の縁も変わり、生活がしやすくなりました。

DNAを知る前と知った後

Before

人間関係もそれなりにこなせて、仕事もそれなりにこなせる、日常に不満がなく過ごせる・・・そんな自分が「普通」「何もない」「中途半端」だと思っていました。

そんな自分に物足りなさを感じて、自分と違うタイプの方に憧れたり、本を読み漁ったりして、なんとか自分を成長させたいと思っていました。

After

自分のルーツを知り、「日本人に一番多いタイプ=普通」というところに始めはショックを受けましたw「普通」であることにコンプレックスを感じていたからかもしれません。

しかし、日本に少ないタイプの方の話や悩みを聞くたびに、人と感覚が違う故の苦労もあると知って、その人の表面的なところだけを見て憧れていたと反省しました。また、自分は国際交流などが好きで、他者理解ができている方だと思っていたのですが、そうではなかったと感じました。

今は、DNA心理学を福島で教えていることもあり、毎回「人間は奥が深い」と感動します。

そして私自身が日本に多いタイプということで、海外から見ての日本のいいところと悪いところが自分の中にも性質として存在すると実感するようになりました。逆を言えば、自分の意識が変わった分だけ、日本人も変わるとも感じているので、そのような大きな視点で日々過ごしています。

好きな本

アルケミスト
パウロ・コエーリョ

羊飼いの少年が「何かを強く望めば宇宙のすべてが協力して実現するように助けてくれる」「前兆に従うこと」など人生の知恵を学んで行く物語です。

中学生の時に読んで衝撃を受けた記憶があります。ここから、哲学的な話やスピリチュアルな話に関心を持つようになった、 思い出の本です。

好きな映画


インターステラー


映画はファンタジーかSF、歴史ものを見ることが多いです。

SFは地球滅亡ものの単純な話は好きではないですが、このインターステラーは相対性理論や、量子力学など、物理学の視点も入りつつ、家族愛も描いている素敵な作品です。

宇宙に想いを馳せると、その壮大さや神秘さに心が動かされます。

好きな音楽


洋楽全般

だれが好きというのはなくて、作業をしながらBGMとして流すことが多いです。ビートルズやマイケルジャクソンなども好きですし、最近ではケイティ・ペリーやアリアナ・グランデなど定番を聞くことが多いです。

リラックス方法

福島で暮らしていると、その季節に応じた自然の変化に癒されます。アロマテラピーやハーブを学んだことがあるので、ハーブ園なども好きです。

休日は、ハイキングや花を見に自然のあるところに出かけるのが好きです。